カテゴリー別アーカイブ: 未分類

カレーうどんを食べるときが幸せ

私が一番幸せを感じる瞬間は、美味しいものを食べるときです。
美味しいものを食べるだけで、日頃のストレスを忘れられます。
ストレス解消はほぼ食べ物でしています。
最近では有名店でカレーうどんをいただきました。
もともとカレーうどんは大好きでよく食べるのですが、自分のお気に入りのお店で食べるとまた格別です。
一番のお気に入りは古奈屋というカレーうどん専門のお店です。
グルメな知り合いのおススメで初めて食べて以来、すっかりこのお店のとりこになってしまいました。
揚げバナナをトッピングで付けることも可能です。
麺にコシがあるし、なによりもスープがほどよくスパイシー、クリーミーでとにかく美味しいです。
色々なスパイスが絶妙にミックスされていて、複雑味があります。
私は普段あまりスープは飲まないほうなのですが、ここのカレーうどんだけはスープも全部飲みきってしまいます。
カリカリですが味はまろやかでカレーうどんととてもよく合います。
近所のスーパーなどでも、このお店のレトルトのカレーうどんがあるので買うことができるのですが、はっきり言って実際のお店とはやはり全然違います。
自分で真似をして作ろうと思っても、とても同じような味に作れそうにありません。
池袋や有楽町などの支店にしか行ったことがないのですが、いつか巣鴨の本店のほうにも行ってみたいと思っています。
もっと色々なカレーうどん屋さんも調べて、訪れてみたいと思っています。酵素ドリンクは何がおすすめ?

猫がいる生活って、こんなにも幸せなの?

今我が家には、3匹の子猫がいます。事情があって面倒をみることになったのです。
生後推定4ヶ月の兄弟姉妹猫ですが、人間の子供と同じで、同じ親から生まれたのにみんな性格が違っていて、面白いです。

猫を飼うのは初めてなので、最初は戸惑うことばかり。
ケージを準備したり(ウチには鳥もいるので、普通に放し飼いはできないのです)、トイレ、ごはん、食器、ベッドなど、揃える物がいっぱいあって大変でした。

トイレもすぐには覚えてくれず、トイレ以外の所にオシッコ、ウンチをしてしまうし、トイレを覚えてくれた後も、3匹分のウンチを片付けるのは大変で、1日中、トイレスコップでほりほりしている感じでした。

猫飼い初心者なもので、毎日がてんてこまいでした。

そんなこんなで、子猫たちがウチに来てからはや1ヶ月以上が過ぎました。
粗相をすることもなくなり、人間も猫もお互いに慣れて、落ち着いた毎日を過ごしています。

一日中ケージではかわいそうなので、夜に家族が揃った時に、1時間から2時間リビングに出して、思いっきり遊ばせています。(その時は鳥は別室に避難させています)

私たち家族の姿を見ると、「ニャ?」と言って近付いて来て、喉をゴロゴロと鳴らしながらケージにスリスリしたり、抱っこして膝に乗せると嬉しそうに、こちらのお腹をフミフミしてきたり、本当に癒やされます。かわいいです。
ぷにぷにの肉球を触っている時は、最高に幸せです。

我が家には鳥の他にも犬がいるのですが、犬には犬の可愛さが、猫には猫の可愛さがあるんだということを、初めて知りました。

初めて知る猫との生活には、本当に幸せな時間が流れています。ヒートスリム

私が幸せだと思う瞬間は、旦那さんが家事をしてくれる時です。

私は今妊娠3か月で、ちょうどつわりがひどい時期にいます。そういう時に、旦那さんが色々と手伝ってくれるととても幸せに感じるので、そのことについて書こうと思います。
1,つわりがひどくて一日中寝たきりの時に、旦那さんが買い物をしてくれたことについて。
本当にしんどくて買い物に行けなかったときに、「俺が言ってくるよ」と言ってたびたび必要なものを買ってきてくれたことに関しては、とても幸せを感じました。この人と結婚して良かった、と思えました。
2,食欲がない時に、ゼリーを買ってきてくれた件について。
特に何も言っていないのにもかかわらず、ゼリーはのど越しがいいからと言っていたわってくれたことについて、とても幸せを感じました。
3、何も料理を作る気力がわかないときに、旦那さんがお鍋や簡単な料理を作ってくれた件について。
旦那さんはとても料理が上手で、嫌いではない人なので、良く作ってくれるんです。とてもほっこりしています。特に、旦那さんの作るひき肉のカレーは絶品です。とても美味しいので、私が作るよりも旦那さんに作ってもらった方がいいと思っています。
まとめ
とてもいい旦那さんに巡り合えて本当に良かったと感じています。少し甘えている部分もありますが、これも今の内だという事を言い聞かせて、もうしばらくイクメンパパでいてもらおうと思っています。子供が生まれてからはもっと大変になると思うので、今のうちにふたりでシミュレーションをしておこうと思います。こうやってお互いを思いやす気持ちが感じることが出来ることが、私にとって一番幸せに感じる瞬間だと思っています。セブンデイズカラースムージーの口コミが知りたい。

人それぞれですが健康いちばん&小さい日常

仕事、プライベートでしあわせと思うのはちょっとしたこと、一例としては冬寒い一日でもぽかぽかとすごせる時間ですね。この冬は一月中旬まで比較的温暖な気温でしたが、大寒を通過した時点から寒中らしい冬の寒さ、こういった日のパソコンタイムが貴重です。体温がぽかぽかと温かいのは室内が十分暖まった時でもあり、夕食後に入浴しほかほかの時間。

冬のコンセプトとしたらしあわせはホッとなごむ時、だから日常レベルで高いようなことよりも小さいシュチュエーションです。若いころならばベストなおしゃれ着を購入できたとか、仕事のスキルがアップしスムーズに一日ワークが進んだというのがこのテーマ内容。

年齢が上がりながらすごせばテーマの内容は小幅、家庭を持って子供の誕生や成長、しあわせのピークは少しずつ穏やかな雰囲気でした。まずまず成長すればしばらく横一線のような均等状況、大きな変化がない日々ではありますが、こういう状況がベストだと思えるようになりました。

しあわせの尺度はひとそれぞれ、ビジネス仕事が順調に進むのがよい人もいれば、仕事よりプライベートが重要という人もいます。要するに収入が程々でもプライベートがたいせつな尺度と、スキル・アップの意味で収入を重視するスタイルがあるんですね。

50代の長期をすごしてみれば収入まずまずの状況、基本的な身体の健康がいちばんと思う、老年シフトの時期としたらこの面の充実がしあわせと思います。趣味とか仕事、家事でも元気ですごせるのがよいですね。ドモホルンリンクルを体験してみました!

今年は寒くなるのが早い分風邪の流行も早そうです。

北海道も今年は例年よりも、寒くなるのが半月くらい早い感覚、ストーブなしには厳しい毎日を過ごしています。そして、ここ駅手、昼間は、結構暖かったり、夜は、氷点下になることもあり、寒暖差が大きいのです、その為か最近は咳をする人が増えています。私の通っている、障害者施設でも、風邪を引いている人も多くいます、段々マスクをしている人の数も増えています。そんな中でも、咳をしながら、マスクを付けていない人がいます、密閉された空間の中で、風邪を引いているのであれば、マスク位するのは、常識だと思うのですが、そうしていない人もいるのです、私も風邪を引きました。誰かの風邪を貰ったのでしょう、すぐに病院へ行って、沢山の薬を処方してもらい、飲んでいますが、今年の風邪は、なかなか治りません、幸いにも熱は出ていないので、助かっていますが、鼻水が出るくらいなのですが、それでも、風邪は風邪なので、早く治さないと、年齢も年齢なので、他の病気になっては大変なので、しっかりと薬を飲んでいるのですが、周りの人も、ちゃんと気負つけてもらわないと、治っても、すぐに風邪を引くようなことになっても困りますので、これからはマスクを手放す事は出来ませんね、そして、人込みの中では、マスクは必需品になります、世界で、一番マスクの好きな日本人ですから、自分の為だけでなく、他人に迷惑をかけないためにも、マスクをして、風邪から身を守る様にしましょう。デパス

私が徹底している風邪予防法&風邪の治し方

 私は元来風邪を引きやすい人間なのか、小さいころには季節の変わり目ごとに風邪を引いてしまっていました。中学高校を卒業するにつれ、季節ごとに風邪を引いていては勿体ないと思い、私は私なりの風邪予防法を考えることにしました。といってもそこまで難しいというものではなく、常日頃から気をつけておけば誰でもできることです。(ちょっとした副作用があります笑)
 私が行っている風邪予防法は、徹底的に菌を避けることです。もうそれは、そこまでするか、っていうぐらいです。というのもこれを週刊づけた際に、私は弱ではありますが、潔癖症になってしまいました。これが副作用です笑。お察しの通り、公共の物に容易く触れない。私物は可能な限りアルコール除菌する。手ピカジェルを持ち歩く。といった具合です。例えば電車に乗れば、つり革はもちろん、手すりにもつかまりません。邪魔にならないように車両と車両をつなぐドア付近に立ち、体を預けるのです。エスカレーターも手すりにはつかまらず、可能な限りはただ立っているだけではなく登るようにする。というものです。今現在使っているパソコンも、アルコール付きウェットティッシュで度々ふき取っています。ここまでやった甲斐があってか、これらを習慣づけてから私はほとんど風邪を引かなくなりました。
 次に私が行っている風邪の治し方です。私は風邪になった際、基本的には病院へ行きません。家でスポーツドリンクを飲みつつ、のど飴を舐めます。さらに私の周りでは食欲が落ち食べない人が多い
というのが殆どでしたが、私はそれでも無理やり食べます。それこそ、通常以上に。そうすることによって体に必要なエネルギーが蓄えられ、熟睡している間に完治する、ということなのです。この方法に信憑性はあまりありませんが、私は風邪を1日で治すことがほとんどです。http://xn--n8jubya23aubk0d3c7d.jp/