人それぞれですが健康いちばん&小さい日常

仕事、プライベートでしあわせと思うのはちょっとしたこと、一例としては冬寒い一日でもぽかぽかとすごせる時間ですね。この冬は一月中旬まで比較的温暖な気温でしたが、大寒を通過した時点から寒中らしい冬の寒さ、こういった日のパソコンタイムが貴重です。体温がぽかぽかと温かいのは室内が十分暖まった時でもあり、夕食後に入浴しほかほかの時間。

冬のコンセプトとしたらしあわせはホッとなごむ時、だから日常レベルで高いようなことよりも小さいシュチュエーションです。若いころならばベストなおしゃれ着を購入できたとか、仕事のスキルがアップしスムーズに一日ワークが進んだというのがこのテーマ内容。

年齢が上がりながらすごせばテーマの内容は小幅、家庭を持って子供の誕生や成長、しあわせのピークは少しずつ穏やかな雰囲気でした。まずまず成長すればしばらく横一線のような均等状況、大きな変化がない日々ではありますが、こういう状況がベストだと思えるようになりました。

しあわせの尺度はひとそれぞれ、ビジネス仕事が順調に進むのがよい人もいれば、仕事よりプライベートが重要という人もいます。要するに収入が程々でもプライベートがたいせつな尺度と、スキル・アップの意味で収入を重視するスタイルがあるんですね。

50代の長期をすごしてみれば収入まずまずの状況、基本的な身体の健康がいちばんと思う、老年シフトの時期としたらこの面の充実がしあわせと思います。趣味とか仕事、家事でも元気ですごせるのがよいですね。ドモホルンリンクルを体験してみました!